iPhone片手に香港・中国を飛び回れ!

iPhone、Macintosh、海外携帯電話をフル活用しながら香港・中国を飛び回る私nobuが送るレポートブログ。日本と外国を行き来しながら、どうやってiPhoneを有効に、かつ愉快に活用できるかを日々考えています。

台湾

香港より帰国

1291543829_254


あっという間の4日間でした。初日は午後便で夜の8時に到着し、最終日の今日は朝便で16時に到着というスケジュールだったんですけど、これだと本当に 最初と最後の日は移動だけになりますね。どちらの便も結構席が埋まっていたようですけど、特に帰り便はツアー客で一杯でした。おかげで通路席が確保できな かったよ・・・。しかも帰り便は台北で一旦止まってから名古屋に向かうことになっていたので、これだけで1時間余計にかかっちゃいます。

3泊4日、午後便出発で午前便帰国。しかも台北経由とあれば、これはまさに激安香港ツアーそのもののスケジュールじゃないですか。ときどき、 パッケージツアーでびっくりするような安値の物がありますけど(名古屋発香港2泊3日で2万円台とか。フツーありえんよ。)、それって大抵、午後便・朝便 なんですよね。だってそっちのほうが需要が低いから。やっぱり旅行に行くなら朝早く出て帰りはギリギリまで楽しんでいたいですからね。格安航空券でも、出 発に限れば午前便と午後便では1万円くらい午前便の方が高いです(名古屋発香港のキャセイの場合)。

そんなわけで今日は朝6時に起き、7時にホテルを出て九龍駅にてチェッキング。このときすでに席が選択できない状態でしたので、よほど埋まって いたんでしょうね。九龍駅に直結しているショッピングモール、ELEMENTSのスタバで朝食を採って、エアポートエクスプレスで空港に向かいました。空 港の出国審査では結構な人が列をなしていまして、かなりの割合で日本人旅行者の方々のようでした。連休は香港をエンジョイしていたのでしょうね。私は仕事 でしたけど。

おそらく10〜15分は並ばなければいけないような状態だったんですけど、このときは心の底からe道が使えて良かったと思いましたよ。まさしく待ち時間ゼロです。これぞロイヤルカスタマーの特権! 実に快感です。

それでも結構ギリギリに搭乗し、機体は私たちを乗せて台北に向けて出発。気がついたら到着していました。

台北では1時間ほど停車(?)するので、その間は出発ロビーまで出る事ができます。1時間と言っても、20分前には搭乗をしなければならないの で、実質は30分くらいの自由時間です。その間に何をするかと言えば、これはもう、台北桃園国際空港名物の(と、私が勝手に思っている)小籠包を食べるに 決まっています。

以前の日記にも書いた事があったと思いますけど、台湾におけるキャセイの立場はどうも一段低いという印象がありまして、搭乗ゲートは必ず古いビ ル、つまり、第1ターミナルになります。目指す小籠包は新設された第2ゲートの4階にありまして、そこまで結構な距離を移動しなきゃなりません。なにせ、 通常は電車で移動するような距離です。時間もないので小走りで移動し、かなり体力を消耗しつつも目的の食堂に到着。さっそく小籠包とコーラをオーダーし、 ささやかな台湾メシを堪能したのでした。

その後、無事に再搭乗に間に合い(帰りは電車を使ったよ!)、名古屋まで戻ってきました。まだ明るいうちに帰ってくるのもちょっと変な感じで す。そのまま事務所に戻り、サンプルを出荷したりして、その後帰宅です。帰国したら甚五郎の漬け丼が食べたかったんですけど、今日は休みでした・・・。残 念。

Nobu

撃破装置

1116467848_138

引き続き台湾の話題です。

路線バスに乗った際、ふと窓際に目をやりますと、上記の写真のような、なにやら物騒なシロモノが装備されているとの警告が。

実はこれ、緊急時に窓ガラスを割るためのものだそうで、おそらく車載用窓ガラス割りハンマーみたいなものなのでしょう。それにしても漢字にすると無駄に迫力が増しますね。

Nobu

電話マナーあれこれ

1115520932_147

前回の香港出張の際に立ち寄った台湾にて、面白い発見をしました。地下鉄に乗ったときの車内広告、日本でも良くある携帯電話マナーについてのものなのです が、これがまた日本のそれとは違って極めて現実的な内容なのです。道徳的な観点で高いモラルを目指す日本式と比べ、現実を踏まえつつみんなの迷惑にならな いようにね、というスタンスの台湾。どっちがどっちというわけではないんですけど、私のような日本人にはとても新鮮に感じたのです。

その台湾式携帯電話マナー啓発広告、こんな内容が書いてありました。

・着信があったらそっと話しましょう。
・手短に話しましょう。
・代わりにメールにしましょう。

ですって。電源を切れだのマナーモードにしろだの、メールもやめようね的な雰囲気の日本とは違い、ずいぶんとリアルな内容です。アプローチの仕方 はかなり違いますが、結果として車内の雰囲気は日台で大きな差は無いように思えました。大声で電話している人もいませんでしたし、なんというか、「おとな しい」感じです。外国なのにむしろ拍子抜けしましたよ。

ちなみに、これが香港になりますと、こういった携帯電話マナーについてのお知らせはほとんど見かけません。というか、ほとんど無意味です。地下鉄も街中もそこらじゅういつでも騒がしいので、近くで電話されても全く気にならんのです。

Nobu

 

台北は大阪だった

昨日から台湾に来ております。中国出張のついでに週末を利用して途中降機をし、台北市内に一泊してきました。現在は香港への移動へ向けて台北空港にて時間をつぶしている最中です。

昨日は午後7時半頃に空港に到着、そこから高速バスに乗って台北駅に移動し、駅の目の前のYMCAホテルにチェックインしたのが夜の9時頃。そ こから夜市、つまり、ナイトマーケットに繰り出していろいろと見たり食べたり驚いたりして、路線バスに乗って帰ってきて寝ました。

翌朝、つまり今朝なんですけど、朝っぱらからディンタイフォンの小籠包です。名古屋にも支店がありますけど、やはり本店は美味しい! 気がしました。女性店員の皆さんが揃ってミニスカートだったのが印象的でした。あと、完全に日本語が通じます。すごい。

その後は電車に乗ったりバスに乗ったりうろうろして、お昼になったので別の店で小籠包を食べました。ええ、これが目的だったんです。こちらの 店、日本人客ばかりで、その内の2組は若い現地女性と日本人中年男性のペア、でした。ええと、お仕事のパートナーかなんかでしょうかね。

昼間からビールを喰らったりして文字通り動けなくなるまで食べてしまったので、食後はタクシーで移動。台湾秋葉原(と、自分では思っている)西 門は獅子林ビルに携帯電話を見に行ってきました。香港とはちょっと様子の違うかんじで、値札が全然表示されていないのが印象的。やっぱり先達広場のほうが 充実してますね。

ホテルに戻って荷物を取り、台北駅から台湾新幹線に乗って、さらにバスを乗り継いで、台北空港に到着です。ターミナル1と2を間違えてバスを降 りてしまい、いろいろと面倒なことになりました。しかし、ここ台湾ではキャセイパシフィック航空は冷遇されております。だってゲートがめっちゃ離れている んですもの。おかげでずいぶんと歩きましたよ。

で、これから香港です。現地に着いたら電話屋へ直行だ!


あ、タイトルについてですけど、台北市内って、いたるところが大阪っぽいんですよ。バスで大通りを走っていると、ここは御堂筋ではなかろうか、 と錯覚しますし、地下鉄のホームではこれまた御堂筋線じゃなかろうか、という感覚が拭えないですし。近代的なビル群のすぐ隣にごちゃごちゃとした屋台があ るあたり、妙に似たような雰囲気があるんですよねぇ。不思議。

Nobu
記事検索
プロフィール

nobu

タカハシです。
主に香港、中国華南向けの貿易業を営みつつ、キャラクターグッズの企画生産を業務の柱としています。趣味はiPhoneと香港旅行案内。

最新コメント
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ