今回、たまには違うプリペイドSIMも試してみようと思って、one2freeのものを買ってみました。

IMG_0468
もちろんマイクロSIMです

香港国際空港の1010ショップで、店の人に「3Gデータ通信ができて国際電話もできるヤツをくれ!」って言ったらこれが出てきました。なお、このとき、この店でHK版のiPhone4Sも売っておりまして、市中で買うより数%だけ割高でしたが、どこもほとんど品切れのために、多少の割高でも買っていく人が多いそうです。このときは32GBの白だけが売られてました。
 
毎度のことながら、新しいSIMカードを使い始めるときはアクティベーションのやりかたを探るとこから始まります。説明書を読みますと、データ通信使い放題が1時間、24時間、7日間単位でありまして、それぞれに指定の番号をダイヤルすると使えるようになるみたいです。とりあえずSIMカードをiPhone4(香港版)に突っ込んで、7日間使い放題の番号をダイヤルしたら、なんかよくわからないですけど使えるようになりました。開通の儀式とか、そういうのは必要ないみたいです。

で、この「使えるようになった」SIMをiPad3Gにインストールしまして、晴れて快適iPad生活がやってきたというわけです。ふと思い立ったときにsafariで調べ物をしたり、街中でmapアプリを使って道順を確認したり(なお、香港ではGPSがあまり役に立たないのでナビ的な用途にはちょっと不向きです)と、生まれて初めてiPadを買って良かったと思いました。後は行き帰りの機内でアニメを見たりとか。

滞在していたホテルはブロードバンド接続が有料のため、このSIMカードをポケットWiFiに入れて使っていました。なお、このとき、マイクロSIMをミニSIMサイズにするためのゲタを履かせる必要があります。

geta
3HKのマイクロSIMによる例

 one2freeのマイクロSIMはミニサイズ用のゲタが付属していなかったので、3HKで使っていたものを流用しました。これでポケットWiFiにも装着できるようになります。

さて、このようにして快適便利にiPadライフを送っていたのですが、実はもっと快適に使えるということに気が付きました。3HKのときはSIMを交換するたびにAPNの設定を行う必要があったのですが、one2freeのそれは、APNの設定が不要でした。カードを入れればすぐに使える、ということです。また、iPadでは電話番号が入力できないために、最初の使い放題プランを設定するのにiPhone4に差して行う必要があるものとばかり思っていましたが、safariを開くと自動的に(使い放題プランが切れていても)one2freeの設定ページに飛ばされて、そこで残高の確認や使い放題プランの設定もできるようになっておりました。

IMG_0004
使い放題プランが切れると、自動的にこの画面に飛ばされる

 なので本来だったらSIMカードを買ってそのままiPadにインストールすれば、safariを使ってすぐにデータプランの設定ができるようになる、ということの様です。こいつは便利だなぁー。

------

とまあ、非常に頼もしいSIMカードなのでした。次からはコイツをメインにしてもいいかもしれん。通話についてはまだ試していないので、次回はその辺りをチェックしてみます。

nobu