iPhone4Sは、4と比べて外見上の変化はほとんどありません。これは3Gから3GSへのモデルチェンジのときと同様に、内面のみのブラッシュアップで、いわばマイナーチェンジのような位置付けであるということの証左でもあるのでしょう。

なのですけど、実は微妙に変更が加えられている所があります。それが、ミュートスイッチ、および、音量ボタンの位置。4のCDMA2000版がリリースとなったときに、同様の修正が加えられていると聞きますが、もしかしたらそちらに揃えられたということなのでしょうか。件のアンテナ不感症問題で取られた対策によって、構造上仕方なく変更されたということなのかな。

とにかく、ユーザにしてみればちょっとした問題です。一見、4と4Sはほとんど外見に違いが無いため、4のときに使っていたカバーなどがそのまま流用できるのでは、と思いがちです。しかし、上記のようにミュートスイッチなどの位置が微妙に変更されているため、この辺りに不都合が出てしまうんですね。

cover_4
 cover_4s

はい、この通りです。ちなみに、上記4の写真は4Sで撮影して、4Sのは4で撮影しているのですが、同じ条件下で撮影しているにも関わらず4Sの方がホワイトバランスが整って見えます。うーん、素晴らしい。

さて、昨日私は、せっかくiPhoneを新調するのだから、バッテリージャケットも購入してやろうと思いたち、3Gの頃から愛用している mophie Juice Pack  をAmazonで購入しました。今はairとplusの二種類があるみたいで、容量の差とそれに伴う外見の違いがあるようです。私は迷わず大容量タウリン2000mg、じゃなかった、2000mAhのplusをチョイス。4と4Sではミュートスイッチの位置が変わっていると聞いていたので、その辺りは大丈夫かと慎重にWEBサイトをチェックしてみたら、ちゃんと「4Sもイケるぜ!」と記述があったので、安心して購入したのでした。

mophie
ちゃんと4Sって書いてあるヨ!

なお、mophieのWEBには単価がUSD99.00と記載されています。2011年10月27日現在、日本円で7,500円くらいですね。日本Amazonで価格を見てみると、本体の色によって値段が違っていました。最も高いのが紫色で8,210円、安いのが黄色で6,270円(共にAmazonプライムで購入できるのが条件)。で、私は2番目に安いピンク色(マゼンダ)を買いました。6,490円。でも本当は一番安いものを買ったつもりだったんだけど、黄色を見落としていたみたい… ちょっとショック。

で、早速今日届いたばかりの4Sに装着してみました! それがこの通りです!

jpp_4
jpp_4s
え、えーっと… (;´Д`)

ちょ、コレどういうことだよ?! 4Sでも使えるんじゃないかったのかッ?!

  • mophie juice pack plus installed into iPhone 4S, what's happened??????????

英語圏の皆様にも検索で拾って頂けるよう、 やや強調してみました。うーむ、こりゃ問題ですぞ! 確かAppleのオンラインショップにもmophieって載っていたはずだから、そこにはちゃんと注意書きがあるのか?と思ってみてみたら、airの方しか載っていませんでした(こっちは問題無いのかな?)。plusはオフィシャルには認められていないみたい。むぅ…

冷静になって考えてみますと、こりゃ私の早とちりだったわい、急いで買っちゃったのが悪かったよ、と納得してみようかと試みたのですが、でも実際にハメてみないとわかんないですよね、コレ? うーん、やっぱり俺が悪いんじゃない、mophieの表記に問題があるんじゃないのかッ?

とまあ怒ってみせても仕方が無いので、とりあえずこのまま使って見ることにします。穴の位置がずれているとは言え、一応問題無く使えますからね。音量ボタンもちゃんと動作します。願わくば、この記事が多くの方の目に留まって、「mophie超クール!4S手に入ったら絶対に買うぜ!」って思っている人へのご注意となれば幸いでございます。

nobu