先日香港に行った際に、こちらの記事を参考に、手持ちのD25HWと 3HKのHSDPA Broadband Access Rechargeable SIM を使って常時接続にトライしてみました。

結論から言いますと、大成功です。iPhoneもMacBook Pro も、WiFi接続でネットに接続することができました。APNのスペルを入れ間違えてかなり悩んだのですが(小文字のiを入れ忘れていた。そんなんわかんねぇヨ!)、無事に接続できたときには思わずガッツポーズです。

実際に使ってみた感想。

1.WiFiが勝手に切断される

バッテリー節約対策なのかもしれませんが、WiFiコネクションが勝手に切れます。ちょっとさわらないと、すぐキレる。その都度、D25HW本体を操作してWiFiをつなげ直さなければならない。これが結構な手間。

iPhoneって、思いついたときにすぐ取り出して操作できるのが良いのであって、「接続する」ということを意識しなくてはならないというだけで、なんだか気分的にマイナスです。もちろん、設定で勝手にキレないようにすることができるんでしょうけど、そもそもデフォルトでそうなっているのも、ねぇ。


2.電池の持ちが心配

D25HWが、ものすごい勢いで電池を消費していきます。公称4時間だそうですけど、てか、使い切る前に上記の「勝手にキレる」のに頭に来てしまったので、そのまま無視して途中で使わなかったのです。だから使い切るまでは使っていないのですよ。

http://dekiru.impress.co.jp/contents/231/23102c.htm

こちらで実際に使ってみた様子が書かれていますね。そういえば、WiFiってのはBluetoothよりも電池の消費量が激しいと聞いた(読んだ)気がします。だったらBluetothモデムでもいいような気がするんですけどねえ。


3.やっぱり荷物が増えるのは抵抗がある

ポケットサイズとはいえ、持ち歩くデバイスが1個増えるのは心理的に好ましく無いです。「気をかけるべき物事」が1個でも増えるのは意外とストレスに感じてしまうもので、やっぱりiPhone1個だけで完結する方が良いに決まっています。


結論としましては、街中に溢れているWiFiスポットを使うのがベターだと思いました。D25HWは予備で持っている程度でいいかも。速度も結構遅いしね。PCCWのプリペイドなら24時間で20HKD、250円程度です。セブンイレブンとかでもプリペイドカードを売っているみたいなので、これもまた便利かも。

http://wireless.netvigator.com/eng/index.htm

これならエアポートエクスプレスの中でも使えるよ! 中国本土でもローミングができるみたい。次回チャレンジしてみまーす。

Nobu