中国企業の特徴

中国企業における仕事に対する考え方を理解するのにとてもよいエントリです。一度でも中国で生産委託をしたことがある方なら、「あるある」って感じると思うのですが、私は心当たりがありまくりです。

一般工員と管理職のコミュニケーション不足、というのは、ある意味避けられない事かもしれません。雇われるものと雇うものの差とでもいいましょうか、生活レベルからして天地の差がある両者ですから、これらが腹を割って品質改善のための話し合いを行う、というのはとても考えにくいです。

基本的に、中国の生産現場は上意下達です。工員の人は上司の言う事だけを聞き、また、言われたことしかやりません。このため、発注主である私達は、工場のオーナーか管理マネージャーに意見を言う事になります。そもそも話が通じませんしね。

中国製品の品質管理を行う上で、こういう事を理解しているというのがとても重要になります。どうしたらクライアントの満足する品質を保てるのか。生産現場をイメージしつつ、先回りして考えを巡らすことも必要です。

まだまだ経験がものをいう世界ですね。私もがんばります。

Nobu