iPhone片手に香港・中国を飛び回れ!

iPhone、Macintosh、海外携帯電話をフル活用しながら香港・中国を飛び回る私nobuが送るレポートブログ。日本と外国を行き来しながら、どうやってiPhoneを有効に、かつ愉快に活用できるかを日々考えています。

2010年11月

中国人富裕層は骨董品がお好き

私は中国語のレッスンに通っているのですが、先日ついに全てのカリキュラムが終了しました。とはいっても、全くしゃべれるようになっておりません。やっぱり私には駅前留学は向いていない。やはり多くの先人が伝えているとおり、外国語をマスターするには現地で愛人を作るのがベストなのでしょう。そんな立場に慣れることを夢見ている毎日です。

さて、このレッスンでは中国人の方が講師としてついていてくれました。この方、年代的には私の母親よりちょっと下くらいの女性でして、以前は中国の博物館で働いていらっしゃったそうです。このため、中国美術品に対してかなりの博識でして、レッスンの時間を割いていろいろと興味深い話をしてくれました。

今、中国では、骨董品のオークションが大盛況なんだそうです。オークションを企画する会社は年に4回、オークションカタログを発行して、北京の超高級ホテルで毎年オークションを開催しています。チケットは数量限定ながら毎回完売しているらしく、この企画会社もめちゃめちゃ儲かっているとの事。

ちなみに、その企画会社とはこちらのことです。

China Guardian Aucitons Co., Ltd.

家に眠っている骨董品、先祖から伝わるお宝などがある場合、まずは写真をこちらの企画会社に送ってみて、反応が良ければ調査員が来て出品を検討するそうです。日本など、外国にも積極的にやってくるらしいですよ。で、これらお宝をカタログに掲載しておき、件の高級ホテルでオークションに掛けられるとのこと。日本円で数億円の値がつくこともザラなんですって。

かつて日本と中国で積極的な文化交流が行われていた頃に、中国の方から日本に数多くの文化財が贈られました。また、大英帝国華やかなりし頃、これまた数多くの中国文化財が英国やその植民地に流通したそうです。現在、中国政府はこれら世界各地に散らばっている自国の歴史的文化財を、積極的に収集しているとのことです。北京の故宮博物館に代表されるように、悠久の歴史を背景を持つ自国の文化に高い誇りを持つ中国国民が、これらの再収集に乗り出したことは、近年の劇的な経済成長とは無関係ではないでしょう。

さて、そんなわけで国が血眼になって骨董品を探しているわけですから、これに価値が出ないはずがない。中国のお金持ちもこぞって骨董品の収集に熱中しております。

とはいえ、ただ「価値があるから」高級な骨董品を集めているわけではありません。先にも挙げたとおり、中国政府が積極的に収集を進めているという事情もあって、これら貴重な文化財は無税なんだそうです。ということはつまり、節税、資産管理という一面もちゃんとあるわけなんですね。

-----

骨董品ということで、愛好家はお年寄りが多んじゃないかと思ったんですけど、講師の先生にの話では、資産に余裕のあるシニア層は、みーんな旅行とか遊ぶことに熱心で、こういったことにはあんまり興味がないそうです。どちらかというと、若い層がメインのマーケットなんですって。俄然、興味が湧いてきました。富裕層ビジネスの一つの切り口に成り得ますね。

Nobu

iPhoneが手に入らない?!

先日、香港の友人から電話がありまして、iPhone4を探しているのだがなかなか手に入らない。日本で買えないか?というものでした。彼の会社の取引先のお客様が探しているらしく、その話が私に回ってきたというわけです。

今、香港や中国ではiPhone4が超品薄です。Appleストアオンラインでも、新規の受注を停止しています。

iphone4online
「現在在庫ナシ」のお知らせ

香港でのiPhone普及率の高さについては、私も度々Twitterなどでレポートしてきましたが、4になってからはそれが加速しています。なにしろ今までApple製品に触ったことも無かったような私の友人たち(香港人、中国人)が、こぞってiPhone4に乗り換えているんです。香港では未だにiTunes Storeで楽曲が買えなかったりと他国と比べて制限が強いにも関わらず、です。

また、香港では世界中の転売者がiPhone4を買うために殺到しており、また現地在住者も二手(中古)業者に転売しまくっています。先日もモンコンクのホコ天で、購入したばかりと思われるiPhone4を、若い娘が路上にいる業者に売り渡しているところを目撃しました。

なぜ香港のiPhone4がこんなにも売れるのか。それは以下の理由があると思われます。

1.SIMロックフリーである
2.Appleオフィシャルサイトで購入できる
3.香港だから

一つづつ検証していきましょう。1.については言わずもがな。世界中のキャリアで使用するためにはSIMロックフリーであることが大前提です。日本でも議論となったことは記憶に新しいところです。日本ですとSoftbankでなければ利用できないことになっていますが、ロックフリーでしたら日本通信のサービスを利用してドコモ回線を使えるようになります。

2.はつまり、特定の契約(2年縛りとか)無しに、「定価で」購入できるとうことです。携帯電話の契約となると、その国の銀行で発行するクレジットカードが必要となるケースが殆んどです。つまりその国の住人でありかつ有効なビザが無いといけない。旅行者には無理というわけです。これが、普通に土産物を買う感覚で購入できてしまう。さらに、iPhone4の場合は転売などで小売価格にプレミアが乗っているケースが多いので、これを定価で購入できるメリットは大きいでしょう。

3.は、地理的なメリットと言えばいいでしょうか。現在、香港でのiPhone4のメイン購入者は中国人だと思います。香港ならば近いし税関も比較的トラブル無く通せると思われるため、一番便利なのでしょう(尤も、今は高級品の通関チェックは一層厳しくなっているようですが)。また、中国以外の国にとっても、香港という開かれた市場を持つ国であれば安心して取引ができるというメリットがあります。24時間稼動しているDHL、UPSなどの配送サービスもありますし、銀行取引も安心です。Appleオンラインストアで発注するときには香港内に配送住所が必要ですが、それさえクリア出来れば問題なく購入ができます。

現在、香港以外にもSIMロックフリー版を購入できる国はいくつもあります。

iPhone のワイヤレスキャリアを調べる(Apple日本)


これらの国々の中で、オンラインストアが使えて、比較的安心して取引ができそうなのが、まあ、香港辺りじゃないでしょうかね(私見も含んでますが・・・)。

そんな訳でして、香港で買えなかったらイタリアの友人にでも頼んでね、というのが現在の最適解です。だいたい1週間くらいの納期となっているようなので、10日くらいで手に入るんじゃないでしょうかね。

-----

ちなみに、どうしても日本でSIMロックフリー端末を手に入れたい場合、下記のオプションが考えられます。

Yahoo!オークション
16GBモデルだったら、だいたい7万円〜くらいで推移しているっぽいですね。一時期と比較しても落ち着いてきたイメージです。フィリピンではまだ15万円くらいでしたから、日本はかなり安価ですね。

eXpansysの通販サイト
たぶん英国がオリジンのはずです。香港から世界中にデジモノをお届けする有名サイト。ここでもiPhone4を手に入れることができます。16GBで78,000円ですね。

日本通信のプラチナサービス
こちらではSIMロックフリー端末と自社製のドコモMVNOのSIMロックカードをセットで販売しています。16GBで78,000円。こちらは端末を上記eXpansysから供給を受けているそうなので、同じくらいの値段になるんですね。

いかがでしょうか。年明けからはi5の話題もそろそろ出そうかとウワサされている昨今ですが、まだまだi4熱は冷めそうにない感じです。

Nobu

iPhoneからメールを送ると文字化けする?

たまーに、「iPhoneから送られたメールが文字化けするんですケド!」といったお便りを頂きます。実際に私も何度か目撃していまして、その度に母艦を立ち上げて再送信したりしていました。Safariの上でGmailを起動したときにはこうしたトラブルが発生しない模様なので、最近ではiPhone標準のメールで受信した後、わざわざgmailアプリで返信をするという、とっても面倒なことをやっています。

でもやっぱり面倒なことはイヤ。できれば標準メールだけで完結したいと思い、まずは原因を特定することにしました。

いろいろと試行錯誤した結果、下記の条件で文字化けが発生することを確認しました。もちろん、この限りではないでしょうが、私の確認できた一例です。

送信側:iPhone アカウントはGmailもしくはmobileMe
受信側:WindowsXP、Outlook Express 6

上記の環境で、HTMLメールを送信したときに、OE上で文字化けが発生します。ただのテキストメールですと文字化けは起こりません。

これらを踏まえ、下記の対策を行うと文字化けが解消します。

・OE側でエンコードをUnicode(UTF-8)にする
・OE側で「メッセージはすべてテキスト形式で読み取る」オプションをONにする

ただ、これですと、基本的に受け手側で対処してもらわなきゃならんのですよねー。お客様に送ったメールが文字化けしていた場合、「表示をテキスト形式に変更してくださいよ」なんて言えないでしょう。

通常、iPhoneのメールではHTMLメールを作成することはできないようですが、送られてきたHTMLメールを返信、転送する場合に上記のフラグが立つみたいです。iPhoneではメールを「強制的にテキスト形式にする」ようなオプションは無さそうですし、これはもうどうしようもありません。しかも、送られてくるHTMLメールは、一見テキスト形式にしか見えない場合もありますからね。

なお、試しにOSXのmail.appから、上記のWinXP,OEにHTMLメールを送ってみたところ、こちらは正しく表示されました。うーむ、これは一体どういう事だ。

さらに、WinXP+Becky!で試してみたところ、こちらも正常に表示されます。となると・・・ ただOEがヘボいだけのような気もしてきましたが・・・。

みなさんの周りではこうしたトラブルはありませんか?

Nobu
記事検索
プロフィール

nobu

タカハシです。
主に香港、中国華南向けの貿易業を営みつつ、キャラクターグッズの企画生産を業務の柱としています。趣味はiPhoneと香港旅行案内。

最新コメント
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ