iPhone片手に香港・中国を飛び回れ!

iPhone、Macintosh、海外携帯電話をフル活用しながら香港・中国を飛び回る私nobuが送るレポートブログ。日本と外国を行き来しながら、どうやってiPhoneを有効に、かつ愉快に活用できるかを日々考えています。

2010年07月

マイクロSIMを自作する!

iPad3G、iPhone4から採用になったマイクロSIMですが、こいつを自作するためのツールが届きました。

MICRO SIM カッターとアダプター

私が購入したのは別の店だったのですが、中身は同じ物のようです。つかこないだ香港に行ったときに買えばよかったよ。

IMG_0329
SIMカッターとアダプタのセット

こいつを使って、通常の(ミニサイズの)SIMカードを無理やりマイクロサイズに裁断するのです。裁断! いい響きだわぁ〜。

IMG_0331
ミニSIMをセット

このようにセットするのですが、ほとんど遊びがありません。かなり厳密に位置決めされている印象です。意を決してレバーを強く押し下げると、ズガン、と裁断されてしまいます。

IMG_0333
切り取られたSIMカード

これでマイクロサイズになりました。裏側の端子面はどうなっているのかといいますと、

msim
ギリギリ!

かなりギリギリな感じです。今現在、私の手元にはiPad3GもiPhone4もありませんので、このSIMカードがちゃんと動作するかどうかは未検証です。予定では今月末にi4HKが手に入る(はず)なので、そのときにやってみることにします。

-----

アダプタについて

IMG_0334
救済策

うっかり、本来切るべきでないSIMまで切ってしまったときには、こうしてアダプタを使うことによってMINIサイズのSIMとしても使用できます。使用できるはずです、たぶん。

・・・なんかちょっと頼りないフィット感のため、iPhone3Gだと何かの拍子にSIMが外れて内部に取り残されそうですが、Nokiaなどの一般的な端末なら問題ないんじゃないでしょうか。

Nobu

Skype x iPhone は海外旅行の強力なツール

Skype、使ってますか? 私はこれが無いと仕事になりません。馴染みのない方のために簡単に説明しますと、Skypeとは無料で使えるインターネット電話です。最近のパソコンにはマイクとカメラが標準で搭載されていますので、SkypeをインストールしてIDを取得すれば、世界中どこにいてもインターネットにさえ繋がっていれば、Skypeユーザ同士で電話ができます。しかも無料で。

Skype4beta_videochat_460x344


Skype同士での通話は、インターネットを通じて行ないます。


<Skype>
|
web
|
<Skype>


もちろんこれでも十分に便利なのですが、お互いがパソコンの前でSkypeを立ち上げている必要があるため、なかなか気軽に使えません。iPhoneのSkypeアプリについては後述しますが、まだ完全に通常の電話のように使うことはできません。

では、どんなときにSkypeは便利なのか。

それは、通常の電話(固定電話や携帯電話)へ国際電話をかけるとき。

Skypeには、通常の電話番号に電話がかけられる機能が組み込まれています。Skype OUT といって、文字通りSkypeの管理するネットワークを飛び出して、通常の電話回線網にまで通話をつなげるという機能です。


<Skype>
|
web
|
交換機?
|
通常の電話網
|
<携帯電話など>


こちらですとSkypeのみの通話とは異なり、通常の電話網を経由するために通信費用が発生します。しかし、これまでの国際電話料金と比較しても、大幅に料金が安いのが特長です。

表1 通話料金比較
table1
table1

table1

大雑把な計算なので細かいところは正確では無いですが、料金の差は歴然です。Softbankで日本から海外にかけた場合の料金、Softbankで海外ローミングを利用した時の料金共に結構高額です。ちなみに、Skypeで「接続料」とあるのは、1通話につき必ずかかる費用のことです。

あと、海外では地味に役立つSMSですが、こちらも料金はかなり違います。

表2 SMS送信料金比較

table2


うん、これも怖くてローミングできない。というか、Softbankでは日本から海外の友人にSMSを気軽に送る、というのも無理ですね。100円/件ですよ、ひゃくえん! ありえなーい!

というわけで、海外通話やSMSを行うときにはSkypeを活用しましょう。海外に旅行して日本の家族や友人に電話をするとき、仕事で外国のパートナーに連絡を取るときなどは、Skypeを利用しない手はありません。

さて、そこでiPhoneなのですが、Skype社よりオフィシャルのアプリがリリースされています。なお、2010年7月6日現在、iOS4のマルチタスク機能には対応していません。つまり、Skypeアプリを立ち上げっぱなしにしておいて通話待受を行う、ということがまだできないんです。これについては、現在誠意対応中という公式アナウンスがありましたので、楽しみに待つことにしましょう。

先日のアップデートで、ついに3G回線通信でも通話ができるようになりました(それまではチャットのみだった)。これはつまり、Softbankの電波が届くところであれば、思う存分Skypeの無料通話、格安海外電話が楽しめるということです。

また、iPhoneのSkypeアプリでは、標準搭載のアドレス帳から電話番号を呼び出すことができるので、わざわざ電話番号を打ちなおす必要もありません。

かようにエクセレント過ぎるSkypeですが、デメリットが無いわけでもありません。それは、

・緊急通話番号にかけることができない
・ネットワークのコンディションに左右される

一つ目については、これはわざわざSkypeでかけなくとも、iPhoneから直接かければよろしい。アクティベーションしなくてもつながるくらいなので、問題ないでしょう。

二つ目は、まあ、仕方が無いでしょうねぇ。WiFi環境下ならまだしも、3G回線で通常の通話品質はなかなか保証できないんじゃないかなぁ。とはいえ、全く使えないわけではないので、試してみる価値は十分にあると思います。

-----

いかがでしたでしょうか。iPhoneからSkypeで国際電話ができるなんて本当にイカしてますね。私はもうすっかり国際電話はSkypeに置き換わっちゃいました。安いし、iPhone内の電話帳が使えて便利です。月並みな感想ですが、便利な世の中になりましたねぇ。

Nobu

Twitterセミナーに参加して感じたこと

知人の会社で企画されたセミナーにお招きを頂きまして、参加してきました。私も1本プレゼンを披露させてもらって、刺激の多い、実りのあるセミナーとなりました。

セミナーのメニューの中に、Twitterをビジネスで活用する方法、というものがありまして、実際にTwitterを使いながら顧客誘導につなげることを実践している方(本職はWEBプロデューサ)によるお話でした。

おそらく、今現在はこのような試みがそこら中で行われていることと思いますが、今回のセミナーでは実際に成功している例、が聞けたのが収穫でした。あるフランチャイザーさんの話なのですが、自分のところで取り扱う商品が、好きで好きでたまらない、という方がいまして、商品を仕入れるたびに感謝感激の気持ちをTwitterに書いていたのだそうです。そうしているうちに、大勢の人がその方に興味を持つようになって、そしてお客様が増えていったのだそうです。

まさにパーソナルブランディングメディアとしてのTwitterを活用した成功例ですね。インターネットの普及で「中の人」までダイレクトにコミュニケーションが図れるようになって久しいですが、手軽に利用出来るTwitterがそれを加速した、という感じです。こうしたことも、知識としては知っていたのですが、実際に身近な人が(間接的とは言え)成功しているのを聞くと、リアルに自分の知識として取り込まれていく気がします。

------

今回のセミナーでは冒頭からTwitterの利用法について説明が始まったのですが、「これがTwitterだ!」みたいな、大前提の話から入ってもらいたかったな、というのが正直な感想でした。

いくらTwitterがメジャーになってきたとは言え、まだまだ知らない人も多いはず。一応使ってはいるけど、本当にこれでいいのかしら、って恐る恐る使っている人もいるかもしんない。もちろん、ヘビーユーザもたくさんいます。セミナーでは、まず共通認識として今から◯◯を学びますよ、という宣言があったほうがいいと思うんですよね。いきなり操作画面とか、タイムラインとかを見せても、なんか、ようわからん、っていう印象を与えちゃうんじゃないかな。

冒頭にTwitterのロゴ、代表的な操作画面、みたいなのをシンプルに提示し、これがTwitterだぜ!的な印象を植えつけておいたほうがいいと思いますね。「こないだ話で聞いたTwitterってなんだっけ?」って思い出すときに、辿り着くべききっかけ、みたいな。


てなことを考えていると、資料作りにいくら時間があっても足らなくなるんですよね・・・。

Nobu
記事検索
プロフィール

nobu

タカハシです。
主に香港、中国華南向けの貿易業を営みつつ、キャラクターグッズの企画生産を業務の柱としています。趣味はiPhoneと香港旅行案内。

最新コメント
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ