iPhone片手に香港・中国を飛び回れ!

iPhone、Macintosh、海外携帯電話をフル活用しながら香港・中国を飛び回る私nobuが送るレポートブログ。日本と外国を行き来しながら、どうやってiPhoneを有効に、かつ愉快に活用できるかを日々考えています。

2009年09月

Apple Time Capsule(タイムカプセル) 過熱状態

kanetsu

日々のバックアップは Apple Time Capsule を使っています。ある日、背後に置いてるコイツから、すごい勢いで冷却ファンが作動している音が聞こえてきました。しかも、間隔を置きつつ断続的にずーっと鳴っているんですね。

それだけならまだしも、普段は涼しげなグリーンのランプが前面に灯っているのですが、なんとこれがオレンジ色になってしまっているじゃないの。何か異常が起こったのか?!

すぐに Air Mac Utility でモニタリングをしてみました。そしたらなんと、

「アンタのデバイスは過熱状態になっているよ!」

っておっしゃるじゃありませんか! なんてこったい!

確かにここ数日はまるで夏が帰ってきたと言わんばかりの陽気でして、室内も結構な温度になっておりました。加えて、このタイムカプセルが置いてある場所が、比較的風通しの悪いポイントということもあって、本体の加熱が加速したのでしょう。

取り急ぎの処置としましては、本体の下にティッシュペーパーの箱をおいて、下部からの風通しを良くすると共に、位置を上方に上げる事により、全体的な風通しの良さを確保します。

さらに、緊急の処置として、すでに引き出しにしまい込んでおいた団扇を取り出し、これでせっせと本体を扇ぎます。早く頭を冷ませ〜。

結果、無事ランプもグリーンになり、騒がしかった冷却ファンも静かになりました。みなさんも夏場の(もう秋ですが)熱管理には気をつけましょう。

Nobu

香港でCDを買う

1292297698_73


データ通信用のSIMカードが失効していたので、新しく買い換えました。これがまたどこにも売っていなくて苦労しましたよ。結局、確実に手に入る(自身の経験より)空港の3HKショップで、最終日に購入です。結局、滞在中は使えなかった・・・。

せっかくなので、この苦労談を分かち合いたく、ブログにアップしました。みなさんも買ってすぐに使いたいときは、空港で買いましょう。

HSDPA Broadband Access Rechargeable SIM Card を購入するには

夜、食事をしようとTSTの街中をふらふらしていたとき、HMVに立ち寄ってみたんですね。気がついたら最近発売されたビートルズのリマスター アルバムと、マイコーのベスト盤(HKエディションと書いてある)を買っていました。いつもiTunesでアルバムを買っているので、リアルCDに金を払 うのは久しぶりです。香港はとにかく音楽CDが安い。日本でCDを買うのはもちろんの事、iTunesの値段よりも安いんです。

日本のiTunesだとアルバムは1,500円。しかも、新作は2,000円になる場合もあります。これだとリアルCDとあんまり変わらない。確かに便利ではあるのですが、やっぱり高いなという印象は拭えません。

今回、The Beatles の名盤中の名盤、The BEATLES(通称:White Album)を買ったのですが、169HKD、約2.030円でした。Amazonで価格をチェックすると、2,769円とあります。ほらね、700円以 上も高い。ライナーノートが全て英語だったりしますけど、普段聞いている分には関係ないですよね。

ま、それよりなにより、iTunesではまだ The Beatles の配信は行われていないのですけれどもね。この9月の新型iPod発売に合わせて、Beatlesの楽曲がついにiTunesでも配信されるのか! と話 題になりましたが、結局ボツったようです。早く配信されればいいのにね。

Nobu

HSDPA Broadband Access Rechargeable SIM Card を購入するには

IMG_0872


香港で無線インターネットをするのに欠かせない、データ通信に特化したSIMカード、HSDPA Broadband Access Rechargeable SIM Card については、以前も何度かこちらで取り上げてきました。

・香港でiPhoneを使い倒す
・N82 x HSDPA Broadband Access Rechargeable SIM Card

世間ではシルバーウイークとか呼ばれている九月連休の間に、仕事で香港に行ってきたのですが、これがまた結構久しぶりだったんですね。香港に着いてホテル にチェックインし、いつものようにiPhoneに上記のHSDPA~SIMを挿入して使おうと思ったら、なぜかSIMカードを認識しない。手持ちの2枚を 試したところ、2枚ともダメ。よくよく考えてみたら最後の残高チャージから結構時間が開いておりまして、もしやと思って、SMSに残っていたステータス メッセージを確認してみたところ、やっぱり有効期限が切れていました。

HSDPA~SIMでは、どれだけデータ通信を行っても 28HKD/1day で頭打ちになります。だいたい340円くらいですね。しかも、それに到達するまでは 2HKD/MB という実にリーズナブルなコストで利用できる物ですから、最初のチャージからヘタすると1回の旅行では使い切れないケースもままあります。使っていても頻 繁に再チャージの必要が無いために、ほったらかしになるケースがあるんですね。今回がまさにそれがゆえに失効してしまった失敗例でした。以後、気をつけま す・・・。

ちなみに、このHSDPA~SIMは、iPhoneはもちろんの事、USBモデムでも使う事ができるため、ホテルでネット接 続するときにも重宝します。私の滞在していたYMCAでは、接続料金が4時間で40HKDと少々高いため、モデムで接続する方がお得です。また、ときどき 友人宅にも泊まったりしますけど、こちらはそもそもネット接続環境がないため、このモデムは必須です。

IMG_0874


パッケージに記載されている料金詳細です。解説しますと、

◆香港内のデータ通信
・1MB毎に 2HKD(約24円)
・1日最高 28HKD(約340円)までしか加算されない
・また、1ヶ月最高 298HKD(約3,600円)までしか加算されない

◆国外ローミングのデータ通信
・1KB毎に 0.11HKD(約1.33円)
・こちらは上記の上限止まりは無し つまり、青天井

◆SMS(ショートメッセージ、つまり、番号メール)
・香港内で使用 1件ごとに 0.8HKD(約9.6円)
・香港外で使用 1件ごとに 3.0HKD(約36円)

◆香港内通話
・1分ごとに 0.3HKD(約3.6円)

◆有効期限
・初期化、および、残高チャージから180日

と、 ここまで書いてみて説明書を読んでみましたところ、どうやらIDD(国際電話)や、Wi-Fiスポットサービスも利用できるようです。以前はIDD通話は できなかったような気がしましたけど、改良されたのかな? Wi-Fiもありがたいですね。ショッピングモールなどでは3HKの接続ポイントがあったりす るので、こちらで利用するのもアリでしょう。

IMG_0873


これもパッケージに書いてありました。2011年の12月31日までにアクティベーション、つまり、使い始めて下さいね、とあります。

******

さて、ようやく本題に入りますが、このSIMカード、実は香港内でも手に入れるのが結構困難だったりします。街中の3HKショップには、まず在庫がありません。こちらに よれば、3HKショップだけではなく、スーパーマーケットのParknShopや電気屋さんのFortress、また、ドラグストアのWatsonsでも 売っていますよ、とありますけど、こんなもん、嘘八百ですよ。TST、セントラルなどの店を聞いて回りましたが、通話用のSIMカードはあるけど、 HSDPA~は置いてない、というパターンばかりでした。

3hkショップも、モンコックの先達広場のすぐ前にある3HKショップや、ワンチャイの3HKショップで執拗に確認をしましたが(ちゃんと商品の画像まで見せて!)、ウチには無いよの一点張り。本当に香港で売っているのか、コレ?

ところが、実はあるところに行けば簡単に購入できてしまいます。それは、香港国際空港内、出発ロビーにある3HKの店。置いてあるのは知っていたんだけ ど、まさか手持ちのものが失効しているとは知らなかったので、香港に到着したときに購入しようとは思いつかず、結局帰るときに買ったのでした。次回来たと きに使うつもりです・・・。こちらの店では在庫も結構あったので、当面は大丈夫だと思います。

ちなみに、HSDPAの rechargeable SIM を売ってくれ、と店の人に言うと、高確率で残高チャージ用のバウチャーを出されます。いやいや、そうじゃなく、新規のSIMカードをくれ、new number だ! と伝えると、ああ、new number ね、と理解してもらえます。この点は注意が必要なので、ご購入の際にはお気を付け下さい。

もし、香港に行ったその日にこのカードを買って、すぐに使いたいという事であれば、購入したその場でお店の人にアクティベーション(初期化)をしてもらい ましょう。自分でもできますが、なるべく面倒くさい事はしたくないですからね。ちなみに、iPhoneでこのカードを使う人は、自分でアクティベーション をする際には注意が必要です。この点については、いずれまたレポートします。

SIMの初期化以降、iPhoneでの設定については、こちらもご参考にして下さい。

Nobu

香港より帰国

1291543829_254


あっという間の4日間でした。初日は午後便で夜の8時に到着し、最終日の今日は朝便で16時に到着というスケジュールだったんですけど、これだと本当に 最初と最後の日は移動だけになりますね。どちらの便も結構席が埋まっていたようですけど、特に帰り便はツアー客で一杯でした。おかげで通路席が確保できな かったよ・・・。しかも帰り便は台北で一旦止まってから名古屋に向かうことになっていたので、これだけで1時間余計にかかっちゃいます。

3泊4日、午後便出発で午前便帰国。しかも台北経由とあれば、これはまさに激安香港ツアーそのもののスケジュールじゃないですか。ときどき、 パッケージツアーでびっくりするような安値の物がありますけど(名古屋発香港2泊3日で2万円台とか。フツーありえんよ。)、それって大抵、午後便・朝便 なんですよね。だってそっちのほうが需要が低いから。やっぱり旅行に行くなら朝早く出て帰りはギリギリまで楽しんでいたいですからね。格安航空券でも、出 発に限れば午前便と午後便では1万円くらい午前便の方が高いです(名古屋発香港のキャセイの場合)。

そんなわけで今日は朝6時に起き、7時にホテルを出て九龍駅にてチェッキング。このときすでに席が選択できない状態でしたので、よほど埋まって いたんでしょうね。九龍駅に直結しているショッピングモール、ELEMENTSのスタバで朝食を採って、エアポートエクスプレスで空港に向かいました。空 港の出国審査では結構な人が列をなしていまして、かなりの割合で日本人旅行者の方々のようでした。連休は香港をエンジョイしていたのでしょうね。私は仕事 でしたけど。

おそらく10〜15分は並ばなければいけないような状態だったんですけど、このときは心の底からe道が使えて良かったと思いましたよ。まさしく待ち時間ゼロです。これぞロイヤルカスタマーの特権! 実に快感です。

それでも結構ギリギリに搭乗し、機体は私たちを乗せて台北に向けて出発。気がついたら到着していました。

台北では1時間ほど停車(?)するので、その間は出発ロビーまで出る事ができます。1時間と言っても、20分前には搭乗をしなければならないの で、実質は30分くらいの自由時間です。その間に何をするかと言えば、これはもう、台北桃園国際空港名物の(と、私が勝手に思っている)小籠包を食べるに 決まっています。

以前の日記にも書いた事があったと思いますけど、台湾におけるキャセイの立場はどうも一段低いという印象がありまして、搭乗ゲートは必ず古いビ ル、つまり、第1ターミナルになります。目指す小籠包は新設された第2ゲートの4階にありまして、そこまで結構な距離を移動しなきゃなりません。なにせ、 通常は電車で移動するような距離です。時間もないので小走りで移動し、かなり体力を消耗しつつも目的の食堂に到着。さっそく小籠包とコーラをオーダーし、 ささやかな台湾メシを堪能したのでした。

その後、無事に再搭乗に間に合い(帰りは電車を使ったよ!)、名古屋まで戻ってきました。まだ明るいうちに帰ってくるのもちょっと変な感じで す。そのまま事務所に戻り、サンプルを出荷したりして、その後帰宅です。帰国したら甚五郎の漬け丼が食べたかったんですけど、今日は休みでした・・・。残 念。

Nobu

香港の朝

1289361528_184
1289361528_66

そんなわけで、突如決まった香港行きです。

昨日は昼過ぎに土岐市を出て、電車でゆっくりと空港へ向かったのですが、それでも16:35のフライトには十分すぎるほど余裕を持って到着しま した。14時くらいに着いたんですけど、レストランなどがある商業エリアにはかなり大勢の人で賑わっていまして、食事をするために並んでいる人もたくさん いました。みんなどこかへ出かけるのか、それともただセントレアに遊びに来ただけなのか。いずれにせよ、繁盛しているのは結構な事です。

家で食事をしてから出てきたのであんまり空腹では無かったんですけど、おにぎりを1個だけ買って、外のベランダで食べました。日差しが強くちょっと汗ばむくらい陽気でしたが、こちらもとてもたくさんの人がいて、離発着する飛行機を見て楽しんでいたようです。

最近、WEBニュースで「セントレアでは警備員が変わった乗り物に乗っている」というのを見たのですが、果たしてそれはありました。愛知万博で トヨタ自動車がショーで披露していた、i-unit(だったっけ?)に似た、一人乗りの変わった乗り物です。警備員さんがこれに乗ってすいーっと動き回っ ていましたよ。以前はたしかセグウェイ(名前が思い出せなかった。「未来の乗り物」でググったら出てきたよ!)に乗っていたと思ったのですが、セントレア もなかなか話題作りを意識しているようです。

せっかくなので、その警備員さんに声をかけて、いっしょに写真を撮ってもらいました。

さて、夕方になって飛行機に搭乗し、実に退屈なフライトを経て香港に着いたのが20時頃だったかな。あ、でも、機内で観た映画、「カンフー・ シェフ(主演:サモハン・キンポー!)」は面白かったです。サモハンも年喰ったよなぁ。それで、入国時にはe道の使い方をド忘れしていて係員に助けても らったりしながら、久しぶりに香港の地へ戻ってきました。

実はこの日、ここ空港にて、我が友Samsonと待ち合わせておりました。彼と彼のボス(これもまた私の友人)が、この日の夜便でフランスに飛ぶらしく、ちょうどタイミング良く空港で鉢合わせる事になっていて、だったら食事でもしようよ、てなことになっていたんです。

HKIAの香港料理レストランにて、ガチョウのローストや野菜のあんかけなど、これぞ香港メシっていうのを堪能しました。ちょうど、機内で観た 映画が、いわゆる料理バトルものだったこともあり、映画でも登場した調味料を一切使わないスープ(これがまた美味しそう!)っぽいものも出てきたりして、 実にナイスなタイミングで食べたいものにありつけた感じでした。ラッキーだたなぁ。

その後は彼らと別れ、今回はSamsonの家ではなくTSTのYMCAホテルに滞在するためにエアポートエクスプレスに乗り、タクシーでホテル に行ってチェックインを済ませ、やっとこさ部屋で落ち着く事ができました。この日から数日間は、香港で大きな展示会があるために、ホテルはどこも満室&ハ イレートです。この日もシングルは全て埋まっていたみたいなのですが、ハーバーサイドのツインルームにアップグレードしてもらえました。嬉しいですねぇ。

部屋に来てみると、おお、確かに香港島海岸の夜景が一望できるナイスなロケーションです。ワンチャイのコンベンションホールの丁度真正面あたり になるのかな。香港文化中心が見下ろせる場所で、例の有名な写真撮影スポットとほぼ同じ位置です。本当に、一人で滞在するのが実にもったいないですよ。妻 とヒロシも連れてくればよかった・・・。

せっかくなので写真をいくつかアップしておきます。今は朝の9時半なのですけど、明るくなってからずっと、ビクトリア湾をひっきりなしに行き来する船のエンジン音が鳴り響いています。

ちなみに、今朝の朝食はホテルのそばの食堂で、麺を食べました。なぜか、お客は日本人だらけ。あんまり美味しくなかったけど、近くて便利だし、いわゆる香港朝飯が食べられるのがいいね。

Nobu
記事検索
プロフィール

nobu

タカハシです。
主に香港、中国華南向けの貿易業を営みつつ、キャラクターグッズの企画生産を業務の柱としています。趣味はiPhoneと香港旅行案内。

最新コメント
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ